レトビア 通販

レトビアはバイアグラに次ぐ第2のED治療薬

レトビアは、バイアグラに次いで第2のED治療薬として登場した薬です。

 

 

開発したのはドイツに本社をおくバイエル薬品という製薬メーカーで、このバイエル薬品はアスピリン開発で世界的にも有名な会社です。

 

 

日本でバイアグラが承認されたのは1999年のことですが、その翌々年の2001年12月から承認の申請が始まって2004年4月にこのレトビアの製造・販売が認可されました。

 

 

国内発売開始は2004年6月で、有効成分であるバルデナフィルの含有量による5mgと10mgの2規格が発売され、2007年7月には20mgが追って発売されるに至っています。

 

 

「レトビア」という薬の名前の由来については、フランス語とラテン語で「男性のいのち」という意味に由来した名前になっています。

 

 

また、薬の箱には炎をイメージするマークが描かれていますが、このマークは、服用する人の体調などによって個人差は当然ありながらもバイアグラに比較して即効性があることをアピールするものと言われています。

 

 

実際に有効成分であるバルデナフィルには水に溶けやすいという特徴があって、これはともにEDの3大治療薬と呼ばれるバイアグラ・シアリスには見られない独特の特徴です。

 

 

よって体内で血中濃度が最高に達するまでの時間もバイアグラ・シアリスに比べて大変短く即効性が高いのです。