バルデナフィル

レビトラで勃起不全治療を

レビトラは、ED治療薬として有名なバイアグラに次いで2番めに開発され、認可されたED治療薬です。

 

 

勃起不全の症状を改善することができる薬として世界で愛されています。

 

 

レビトラは、バイアグラほどは食事の影響を受けにくいという特徴があり、食後30分以降に服用すればOKです。

 

 

効果が効き始めるのが大変早く、早い方だと15分で性的刺激を受けると同時に勃起が可能になります。

 

 

持続時間もバイアグラよりも優れており、5時間から10時間ほど持続させることができます。

 

 

そのため、レビトラは、早く効いて、さらにバイアグラ以上に長く効果を持続させたいという方におすすめのED治療薬となっているのです。

 

 

主成分に含まれるバルデナフィルが、陰茎部分の血流の量を増加させる働きがあり、これによって勃起不全の症状を改善させることができるようなります。

 

 

1日1回1錠のみを服用して使います。

 

 

食事の影響はさほど受けませんが、食べ過ぎなどの場合は効果を落としてしまうことになりかねないので、ほどほどの食事かもしくは空腹時の方がより効果を発揮することができるでしょう。

 

 

副作用としては、多くの方が顔のほてりを訴えます。

 

 

その他にも頭痛や倦怠感などが表れることがありますので、副作用を考慮に入れて使用しましょう。