バイアグラ レビトラ

食事の影響を受けにくいレビトラ

レビトラはバイアグラ、シアリスと並んで、三大ED治療薬の一つとして数えられています。

 

 

バイアグラに次ぐ、経口タイプのED治療薬として注目を集め、現在は世界100カ国において発売されているほどです。

 

 

日本でも2004年にバイエル薬品より販売を開始され、医療機関で使われるようになりました。

 

 

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。

 

 

バイアグラのシルデナフィルと同様、ED治療に有効な成分で、基本的な作用はほとんど変わりありません。

 

 

しかし、バイアグラのシルデナフィルには食事の影響を受けやすいという欠点がありました。

 

 

これを補うためにために開発されたED治療薬なのです。

 

 

有効成分のバルデナフィルは三大ED治療薬の成分の中で最も食事の影響を受けにくいため、空腹状態で性行為をする必要がありません。

 

 

また、薬の持続時間もバイアグラよりも長く、空腹時にレビトラ10mgを服用をした場合、およそ5時間は効果が持続します。

 

 

よって、性行為前に少し余裕を持って服用することが可能です。

 

 

さらに、即効性の点でも優れています。

 

 

服用方法には性行為の1時間前に飲むことが推奨されていますが、実際には20分前後で十分な効きめを発揮することができます。