輸入代行 ed薬

ED治療薬、バイアグラの二番手のレビトラ

バイアグラは、勃起障害であるED治療薬としても有名なお薬です。

 

 

国内で初めて入ってきたED治療薬でありますが、次に入ってきたのがレビトラです。

 

 

バイアグラが発売された良く翌年の12月に厚労省で承認され、2004年4月に製造販売が許可され、6月に販売がされました。

 

 

この名前の由来は、フランス語で男性の生命という意味です。

 

 

確かに、男性の機能が低下してしまったら、子孫を残すことも不可能ですね。

 

 

そんなレビトラの服用する際には、食事制限がないといいます。

 

 

ですが、空腹の時の服用の方が、より体内に吸収されやすいので効果がでます。

 

 

さらに、食事制限がないとされていますが、基準的な食事の影響は受けないということ。

 

 

詳しく言えば、700カロリーでなおかつ脂肪は30%以内の摂取ということになります。

 

 

食事制限がないからといって、食べ過ぎてしまえば薬の効果も現れないということになりかねません。

 

 

レビトラを希望するのであれば、男性専用のクリニックへ行くことをお薦めします。

 

 

病院であれば、処方も安心。

 

 

病院によってはジェネリック医薬品を扱うところもあります。

 

 

EDで悩んでいるのであれば、一度医師に相談してみましょう。

 

 

また、国内販売の治療薬は高いので、ジェネリック医薬品の相談もしてみると良いですよ。